秋恒例のいくら作り

2012年9月8日(土)

今年もこの季節がやってきました。
生筋子がスーパーに並んでます。
004_convert_20120909134805.jpg

うちの子が、いくらが大好物なので、毎年生筋子がスーパーに並ぶこの季節、せっせっと自家製のいくらを漬けます。
作り方は、いたって簡単!

まず、お醤油・日本酒・みりんを、煮立たせます。
本当は、日本酒は煮立たせない方が、保存には良いのですが、子供に食べさせる場合、煮立たせないと日本酒の香りがきついのです。
煮立ったら、冷めるまで放置。

生筋子は、塩水に浸し、薄皮をやさしくはがしていきます。
この塩水も、本当は40度以上のお湯にすると、薄皮の剥がれ具合が簡単ですが、お湯でやると殻が硬くなるので、私は時間が掛りますが水でやっています。
好き好きでお選びください。
何度か新しい塩水を作り直し、薄皮や、つぶれた殻を丁寧に取り除きましょう。
薄皮やつぶれた殻が無くなってきたら、一度ざるにあげて水を切ります。
そこに塩を少し振りかけて、やさしく馴染ませます。
その後、最初に作っただし汁(勿論、冷ましてから)に、ばらした筋子を漬けます。
005_convert_20120909134903.jpg

冷蔵庫で1晩寝かせると出来あがり。
007_convert_20120909135334.jpg

炊きたてご飯にのっけて、頂きますー
006_convert_20120909135003.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

我が家は

もりすけ側のおじいちゃんが毎年作っています。
漁師ということもあって、バケツ1杯以上作っているようです。
もりきちは、ドックの結果で米印がついたマークの影響により、あまり食べることができませんが、もりぞうやもりひめは大好きです。
でも、ローンが厳しいので、おじいちゃんの作ったいくらが送られてくるのを首を長くして待っている状態です。
しかし、家事、仕事、子育て、趣味と、どうしたらここまでできるのか、いろいろ教えていただきたいことがたくさんあります(^^)

Re: 我が家は

まずは、欲張りなんですー すぐ、「あ、やってみたい!」って欲望が立ってしまうんです。
後は、それを許してくれる環境。
子供はそれなりに大きくなりましたし、全てにおいて主人の多大な協力の賜物です。

まだまだ、やりたい事が沢山あるので、見守ってくださいーー
プロフィール

うずらのこっこ

Author:うずらのこっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR